新車販売実績2020年4月 軽自動車

引き続き、軽自動車です。

軽自動車でもコロナの影響

こちらも、コロナの影響をもろにうけています。

軽自動車の販売実績は、33.5%減の9万8255台と、7か月連続でマイナスになっていて、マイナス幅は2019年10月の22.3%を大幅に上回る落ち込み幅となってしまいました。

で、メーカー別にみると、ホンダが24.4%減、ダイハツが33.0%減、日産が33.5%減、スズキが45.6%減、三菱が56・9%減となっています。

あと、3月まで普通車+軽自動車の販売ランキングでトップ10入りしていた、ノート、デイズはランク外になってしまいました。ゴーン体制後の混乱の中でのコロナは予想以上に厳しい戦いになりそうです。

1位はやっぱりN-BOX

車種別でみてみると、今月もやっぱりN-BOXが1位でした。
今秋ビッグマイナーチェンジ予定のようですが、それまでも、それ以降もまだまだ人気は続きそうです。

N-WGN、ハスラーは・・・

あと、注目が高いN-WGN、ハスラーも前年対比を大きく伸ばしています。ただ、ハスラーは、「もっと伸び率が高くあって欲しかった」と、スズキの方も思ってるはず。
ハスラーの対抗モデル、タフトからダイハツからでてくるので、様子見されてる方もいるかと思いますので、タフトの完成形がどんなものか気になるところです(コロナの影響で発売が延びたりするのかな??)

ハスラー
ハスラーのライバル車 タフト

というわけで、ランキングはこちらになります。

新車をご購入の際のご参考までに。

新車をご購入の際も、ぜひ、阪和自動車で!

有田郡有田川町水尻199-1
マイカーセンターHANWA
0737-52-5231

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました