【ブログ】日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー(2018-2019)

毎度です~。

第39回2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー

が発表されてました。

ノミネートには、ミラ・トコットが軽自動車として、1台だけノミネートされてましたが、

10ベストカーには、軽自動車がありませんでした。納期逼迫しているジムニーもないですね。

年間の販売台数が500台以上見込まれるクルマが対象とのことです。

和歌山でも、良く見かけるくるまがありますが、ホンダのは・・・都会仕様ですかね。

順番は、ノミネート順です。SUBARUは、大人の事情で、辞退となっています。

【サイトは、こちらから】

第41回 2020 – 2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカー | 日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト
日本カー・オブ・ザ・イヤーの公式サイトです。市販を前提として日本国内で発表される乗用車の中から、年間を通じて最も優秀なクルマを選定します。

 

 

 

 

 

SUBARU:フォレスター

 

 

 

 

 

トヨタ:カローラスポーツ

 

 

 

 

 

トヨタ:クラウン

 

 

 

 

 

ホンダ:クラリティ PHEV

 

 

 

 

 

マツダ CX-8

 

 

 

 

 

三菱 エクリプス クロス

 

 

 

 

 

アルファロメオ ステルヴィオ

 

 

 

 

 

BMW Ⅹ2

 

 

 

 

 

ボルボ XC40

 

 

 

 

 

フォルクスワーゲン ポロ

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました