【ランキング】軽自動車・普通車販売ランキング2018年上半期(日本車)

毎度です~。阪和自動車のずんだれパンダです!

2018年度上半期(4月~9月)、車ごとの販売ランキング(確報値)です。

【普通車】

普通車、上半期1位は、日産ノートでした。
ただ、2位アクアとの差は、1,000台ほどでした。

上位のランキングをみてみると、

4位のセレナ、7位のルーミー・12位タンク(ルーミー、タンクは兄弟車)が好調で、
あと、アルファードも120%越えしてて、好調です。現行モデルは、ヴェルファイアより人気高いみたいです。

3位のプリウス、13位のCH-R、19位のインプレッサが大きく前年対比を割り込んでいます。
(プリウスは、そろそろマイナーチェンジ予定)

【軽自動車】

N-BOXがまたまたの1位。2位のスペーシア、前年対比150%越えなんですが、
それでも、N-BOXの背中がまだまだ遠い状態です。3位は、タントでした。
タントのモデルチェンジの話しも、ちらほらでてますが、まだもうちょっと先みたいです。

あとは、めちゃくちゃ納期がかかってるジムニーが前年150%越えでした。

では、また~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました