【ブログ】暑い日に、車内においたら危ないやつ

毎度ですー。阪和自動車のずんだれパンダです。

まだまだ暑い日が続いていますが、皆さんお元気でしょうか。

JAFのページに、社内の温度の上がり方について記載がありました。8月、外気が35度、12時~16時までの実験。12時にエンジンを止めると・・・12時半には、45度に。それからずんずん上がって、15時頃には55度になったそうです。うーん、命の危険な温度です。

子供や、ペットはもちろんのこと(←ちょっとだけだからは、絶対だめですよ!)、他にも置いとくと危ないものは多々ありまして。

スプレー缶

虫よけスプレー等々、LPGガスが使われてるヤツは危ないそうで、爆発すると窓ガラスが割れるほどだそうです。

ガスライター
炎天下のダッシュボード(70度以上になることも)に置いておくと、ライターに亀裂がはいるそうです。

スマホ、ノートパソコン等

暑さで動作がおかしくなることもありますが、怖いのはバッテリーのほう。リチウムイオン電池が膨らんだり、破裂したり、発火したりするそうです。

電池

電池の液漏れ、最悪爆発ってこともあるそうです。

未開封の炭酸飲料の缶やペットボトル

友達にいたのですが、コカ・コーラが爆発したことがあって、掃除するのが大変だったといってました。

他にも、化粧品が爆発したり、食べ物の腐りを早めたり・・・

真夏にクルマの中へモノを置いておくのは、起きをつけください。

では、また~

コメント

タイトルとURLをコピーしました