【販売実績】2019年11月新車販売実績(普通車)

毎度です~。阪和自動車(株)のずんだれパンダです!

さてさて。11月の普通車の新車販売実績がでましたので、ご連絡です。

今月も1位は・・・

今月の1位もカローラでした。2ヵ月連続での1位になりました。
2位は、こちらも先月と一緒でシエンタでした。

トップ10のうち、6位が日産ノート、7位にホンダ フリードが入っているだけで、
他8車種はトヨタになっています。

トヨタ ライズが大人気

発売されたばかりの新型SUVライズの受注が好調のようです。
月内販売目標台数の8倍、32,000が受注されてるとか。ランキングでも、4位に入っています。
あと、ダイハツ ロッキーも16位と健闘しています。
兄弟車2車を合わせると・・・約1万1500台になって、カローラを抜いています。
(兄弟車でいうと、タンク、ルーミー、トールを合わせると1位です)

フィットがないホンダは厳しい

当初よりかなり発売が遅れているフィット。ほんとであれば、モデルチェンジに合わせて
現行モデルを終売にするように生産をしているのですが、それが出ないので売る玉がないようで、
かなり大変やと、付き合いのあるディーラーさんが言ってました。

新車はヤリスがでてくる

来年発売予定のヤリスの情報がそろそろでてきそうです。発売は2月中頃予定。

ヴィッツ→ヤリス

って名前に変更となります。
ヴィッツ、bBは、当時”ダサい”と言われていたトヨタのデザインに一石を投じた車種で、
その時の経営陣と若手デザイナーのやり取りとかも日経ビジネスで取り上げられていたのを
覚えています。

【2019年11月新車販売実績】

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました