【ブログ】広川とウナギの想い出(ポスティング)

毎度です~。阪和自動車のずんだれパンダです。

天気が良かったので、ポスティングしてきました。

天気がいいといっても、やっぱり9月。7月、8月ほどの強烈な太陽光線はないので嬉しいです。

今日の出発は、湯浅町青木にある湯浅町役場付近からです。

いきなりワープしますが、勝楽寺、満願寺さんの前を通って、広橋のあたりまで来ました。

川は広川、遠くに見えるのは、鉄橋で、その先に昔『つり橋』がありました(だいぶ前に撤去されてます)。

ずんだれが幼少の頃は、おとはんと、おかはんの仕事の間、朝から夕方まで近所の老夫婦に御守してもらってました。で、そこの家にはお風呂が無かったので、たまに先のつり橋を渡って、広川にあった銭湯に行ってました。

ある時、いつものように、ばあちゃんに連れられて、そのつり橋を渡って銭湯に行こうとすると、ばあちゃんがいきなり

『ちょっとそこにいててよ!!』

と言って、川向いて走っていきました。

もう、何が起こってるのかわからなかったんですが、川の中に足を突っ込んで何かと格闘すること数分。

満面の笑みでもって来たのが生きたウナギでした。

『もう、ちょっとお風呂やめて、家かえって、これ食べよか!』

ってすごいテンションが高いばあちゃん。

でも、その頃僕は『うなぎ』本体を知らず、

(なんで、ヘビ食べやんとあかんの??)

と思いつつ、家に帰ると・・・・

『うなぎって、こうやってさばくんやで』

と頭にくぎを打ち込んで・・・・子供的にややホラーでした。

そのウナギ、美味しかったのか、はたまた食べたのか、食べてないのかすら

記憶にないのですが、あの時のばあちゃんの動きの速さは、凄かったのを

覚えています。

ではまた

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました