クルマで冠水した道を走ると・・・

毎度です~阪和自動車のずんだれパンダです。

ここ数日、ごっつい雨ですね。

小さいころ、湯浅町の万願寺さん近くの高架橋の下で雨水がたまった時に、

よく自転車でつっきってました。

パシャーーーー

って、水をわけながら、進むのは結構楽しかったです。

ちなみに、クルマで冠水したところを走ると、とまる可能性があります。

一般的に、一部のオフロード車以外のクルマが、走行可能っていわれてるのは、

床面がつからない程度

だそうです。

思ったより、低いです。自転車で行けそうなところも、アウトって感じでしょうか。

床面以上の水位になると、マフラーやエンジンルーム内へ水が入ってしまうので、

故障の原因となってしまいます。

なので、冠水している道は、回避してくださいね。

こちら、冠水、水没関係のJAFのテスト映像です。
お時間ある時でも、みてみてください。

水没/豪雨/濃霧(JAFユーザーテスト)
水没、豪雨、濃霧に関するJAFユーザーテストです。JAFユーザーテストは、JAFが独自に実施しユーザーの疑問に答える実験、検証です。

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました